バリ島でヨガと観光


バリ島旅行と滞在/渡航と暮らしの基本情報

ホーム > バリ島旅行と滞在

バリ島旅行と滞在

入国ビザとパスポート

入国時にはパスポートの残存期間が6ヶ月以上必要です。観光目的で30日以内(出入国日を含む)の滞在にはビザの取得は不要。31日以上60日以内の滞在には入国時に空港でVOA(VisaOnArrival)をUS35ドル(2017年現在)で取得して後日イミグレーションへの延長手続きと延長料を支払うことで出国せずに滞在ができます。VOA取得には米ドルを用意したほうが早いですよ


両替やATM

空港、ホテル、街中のいたるところに両替所はあります。レートが良いのは街中の両替所ですが、なるべく現地在住者などがおすすめする安全な両替専門所をご利用ください。トラベラーズチェックよりも現金の方がレートがよく、どこでも使えて勝手は良いです。クレジットカードはVISAなら買物で対応できますが場所によって2−3%程の手数料が負担となったり、ATMで現金引き出しができないカードもあります。一番のお勧めは、街中には多くのATMがありますので海外ATMで使用できる国際キャッシュカード(新生銀行など)を用意しておくと安全且つ便利です


島内交通手段と車チャーター

街中のちょっとした移動でしたら自転車レンタルなどもあります。バリ島内での中・長距離移動はもっぱら車。車での移動手配は運転手付きの旅行会社、ホテルやカーチャーター専門店で予約するのが安全です(←インターネットに日本語の案内でたくさんあります)。道端でタクシーをひろう時はBlueBirdBaliTaxiが安心。乗る時に“メーター、行き先(ホテル名など公共の名前)”を言うだけで大丈夫。街中で日本語を話せるローカルは多いですが、タクシーは日本語が通じませんので、心配な方は日本語が通じる車チャーターしましょう。他の交通として、街から街への移動だけならクラクラバス(時刻表ありシャトルバス)やサルバギタ(時刻表なしローカル公共バス)などのバス停乗り降りができる格安手段もあります。


バリ島のサンライズを見るなら

インドネシア共和国に属する南半球にある島。時差は日本-1時間。季節は乾季と雨季がありますが、季節の時期は年々変化中。日の出は北よりの東から出るときと、季節によってはやや南よりの東から出るときもあるので海からのサンライズを見たい時はサヌールのどこのビーチに行くと最適かをインターネットのサンライズチャートと天気予報を事前にチェックしましょう

  • バリ島オプショナルツアー

  • バリ島オプショナルツアー


  • 飲食

    バリ島滞在中の飲食で気をつけたいことは、まずお水。水道水は飲めませんので飲料水を買いましょう。
    日本は軟水の国ですが、バリ島での主要の飲料水の多くは硬水です。硬水は骨や歯をつくる栄養素のカルシウムやマグネシウムの含有量が多いお水。マグネシウムは神経の興奮を抑える作用もあるそうですが、そのマグネシウムによってお腹がゆるくなる人がいるようです。特に軟水慣れと冷たい水ばかりを飲む方々の中には、滞在中にギュルギュルピー(バリッ腹)なんて方も稀にいたり。硬水が原因なのか、暑いバリでは冷た過ぎる飲み物ばかりを飲むからなのか。常温のボトル水や温かい飲み物を選めば暑さを感じにくくなりますし、水の性質に心配な方は軟水と言われている水(例:Pristine、Oceanic, Volvic, Nonminなど)を選ぶと良いかと。

    お腹がゆるいだけなら脱水を防ぎながらまぁ何とかだとしても、もし吐き気や発熱も伴うようでしたら飲食や手から経口へといった何らかの菌感染の可能性もあるので病院にいきましょう。因みに私は滞在したての頃(十数年前)に一度だけ激痛バリッ腹+吐き気にみまわれ、自分勝手な判断で市販の胃腸薬を飲んだら嘔吐と強度の下痢が止まらないという目に合いました。それ以外では日常的にここの硬水を飲み、屋台ローカルフードも頻繁に食べますが、特に大きな問題は経験なし(←食べる前に臭いを嗅ぐ癖が効力発揮?それとも慣れ?)

    食事処に関しては、外国人客がたくさん入っている街レストランなら衛生面で安心なところが多いです。バリ島ではインドネシア料理だけではなく、イタリアン、健康志向食、シーフード、多国籍料理、和食も美味しいレストランがたくさんあります。個人的にはド・ローカルワルン(地元民の集まる食事処や小売店をワルンという)の本物のインドネシア味も好き(笑。中には化学調味料を使っていない自然志向のローカルワルンもあったりしました。この情報発達した社会ですから、食事処はバリ島でも定説のごとく、“お客さんがたくさんいる店=味と食材に見合った料金&安全=美味しい&安い”の感覚定義は比較的当たっている気がする

  • バリ島オプショナルツアー

  • バリ島オプショナルツアー

  • せっかくバリに来たのだから、やっぱりバリジャジャン(Jajan:おやつ)もお試しあれ。和菓子と似たようなもの、ココナッツをつかった南国特有のもの、食べててさっぱり何だか分からんもの、さまざまなスイーツがあります。朝の市場やワルン、早朝のビーチや道端でお母ちゃま達が売ってます。ココナッツを使ったものは足がはやいので買ったら直ぐに食べましょ

  • バリ島オプショナルツアー

  • バリ島オプショナルツアー

  • 長期滞在をするにはキッチン付きの宿もたくさんあります。大きなスーパーマーケットへ行けば見慣れた食材から南国特有のものまでさまざま。少々お値段は張りますが、和食用の出汁を始め、海苔や味噌や豆腐や日本風カレー粉などもあり。ウブドやサヌールでは、在住者の方々が作る納豆や肉まんや和菓子なども手に入りますので、長期滞在でも馴染みやすく暮らせますね

    バリ島オプショナルツアー


     

    YOGAインストラクターコース

    ヨガと海遊びと観光

    Natural Wind